人材採用ガイド

人材採用を判断する

人材採用なら総合的な観点から判断する

人手不足の企業で人材を採用する時や、これから新卒採用をはじめようとする場合には、人材採用の方法をしっかりと定めることで、会社に貢献してくれる人物を採用できるので、計画を立ててから採用活動を行うのが一番です。

新卒採用をするなら

人材採用で新卒採用をされる場合には、まだ社会人になってない学生を採ることになるので、慎重になることが多いですが、新卒採用を行う際にはとにかく従順な人材をとるのが一番です。学業での成績が良好な人物を優先的に採用するのも良いですが、企業で貢献してくれるかどうかはその人が素直かどうかが第一のキーワードですので、専門職や研究職などの専門知識を必要とする分野を除いては、面接重視で採用を行っていくのが一番でしょう。面接の際に受け答えがきちんとしており、身だしなみや外見にもそれなりに気を使っている人物なら、会社でも活躍してくれますから、人材採用の際には新卒ならとにかく人柄重視での採用を心がけ良い人材の確保にあたりましょう。

中途なら経歴をしっかりと見る

人材採用を中途で行う際には、その人がこれまで行ってきた業務や仕事の経験などについて着目していきましょう。間違っても学歴などで判断はしないことです。中途の場合には学力があるかどうかではなく、その人が今までどんな仕事をしてきてその経験から何を得たのかを具体的に面接で質問するのが一番です。転職者で熱意のある人物ならどんな質問にもはっきりと答えてくれて説明もしっかりと出来ますので、論理的思考によって自分の長所などをアピールしてくれます。そうした人物は転職後も会社でテキパキと働いてくれて即戦力ともなりますから、これから中途採用をされる企業の方は、実力重視での採用を心がけ、職務経歴書や履歴書を隅々まで見ましょう。

採用部署がないなら外注を

創業して間もない企業で人材採用の為の部署がない場合には、幹部あるいは総務などが行うことになりますが、採用試験を実施した経験がない企業なら、外注するのが良いでしょう。採用支援サービスなどに外注を行えば自分たちが欲している人材はどんな人材か、あるいはどんな方法で募集をかけるかなどを聞き入れながら、採用代行を進めてくれます。ホームページ上の採用案内の更新も随時やってくれるので、採用に関する一切の手続きを外部委託出来ます。説明会から応募を希望する人のリスト作成まで、人材採用を総合的にコンサルティングしてくれるので、まだ使ったことがない企業の方は人材採用を外部委託して効率よく新卒採用や中途採用をしましょう。

Scroll To Top