人材採用ガイド

人材採用における選考ステップ

企業が人材採用をおこなう際にはいくつかのステップを用意しています。書類選考、適性検査、面接といった手法によって会社で活躍してくれそうな人材を探しだします。しかしそれでもアンマッチは発生することがあります。

書類選考で判断すること

企業が人材採用をおこなう際には、まず書類選考から始めることが多いです。インターネット上でやり取りする場合でも履歴書情報や仕事経験がある人には職務経歴書情報を登録させて、必要であれば紙ベースでそれらの書類を郵送してもらいます。その人の職務上の経験を見て、それが企業で欲しい人材のポジションに合っているかを把握します。特に欲しい人材の年齢や性別といった人材募集広告に掲載できない部分を確認するためにも必要な情報になります。また履歴書情報においても多くの企業が写真付きで送ってもらうために外見上についても考慮されることが多いです。また資格についても持っている資格が活かせるものである場合には興味を持つ企業も多いです。

一次面接では会社とのフォーリングを見られる

書類選考で選ばれた人は次のステップである面接に呼ばれることになります。一次面接としては人事担当者が対応することが多く、世間一般的な質問がされることが多いです。担当者レベルの面接では自分が一緒に働きたい人かどうか、また職場の雰囲気に馴染めるか否かも判断されることが多いです。人材採用では一次面接と同時におこなわれうことが多いのが適性検査です。最近の適性検査では、社会的にも注目されているストレス耐性についても検査する試験が出てきています。面接ではわかならいようなその人の資質検査や一般的な能力検査もおこなわれて、それによりその人に適性のある職種も判断されます。これらを総合的に判断して最終面接に進む人材を決定します。

経営者との面接では人を見られる

人材採用の最終は社長や役員面接である企業が多いです。社長や役員といったいろいろな経験をして多くの人と会った蓄積のある人の視点から会社で活躍してくれる人か、信じられる人かを確認します。一次面接での質問に対する回答内容を重視するというよりも、回答に際しての言葉づかいだったり仕草、また相手の目を見て話をするといった基本的なことを見ます。また経営者としてはその人が企業の顔となって働いて言ってもらうことになるために、信頼を置ける人かどうかを判断することが多いです。いくらいろいろな書物で面接のノウハウを勉強してきたとしても、それ以上の経験を持つ経営者から見ると、その人の本質を見抜くことはたやすいことです。

Scroll To Top